シャッター修理が必要なタイミングを見極めよう
ロゴ

シャッターが壊れる前のサイン~修理が必要になる前に対応しよう~

シャッターの修理は専門業者にお任せ

シャッターの修理は専門性が高いため、プロの専門業者に任せます。故障したままそのままにしておくと、トラブルに繋がってしまうことがあるため、早急に業者へ修理依頼を出します。

重量シャッターと軽量シャッターの違い

鉄板が厚いものが重量シャッター

昇降するカーテン部分の鉄板の厚いものが重量シャッターです。工場の倉庫などで使われることが多く、価格も高めです。防火シャッターも厚みがないと防げないため重量シャッターが使われています。手動の選択も可能ですが重いため開閉するには問題があります。

鉄板が薄いものが軽量シャッター

昇降するカーテン部分の鉄板の薄いものが軽量シャッターです。防火戸以外の部分で使われていて、一般家庭の倉庫や車庫に使われています。カーテン部分が鉄だけでなく、ステンレスやプラスチックが使われることもあります。

シャッター修理が必要なタイミングを見極めよう

ヘルメットを持つ人

シャッター修理が必要なサイン

シャッターから異音やシャッターが開けにくく、または閉まりにくくなったときなどはシャッターから出ている故障直前のサインです。特にシャッターの異音では金属音では潤滑油を差すと改善する場合がありますが、ドンドンと聞こえる場合には巻き込み事故など起きる可能性がある危険な状態です。専門家の修理が必要になるためすぐに連絡をして調査を依頼します。

依頼前に見積もりで費用を確認

シャッターの修理は多くの場合、出入り口や窓などの大きさや開口に合わせて作られているため、汎用性が低く1点ものという場合もあります。そのため、修理を提案するときには現地で調査を行ってから見積もりを作成することになります。
多くの業者では見積書は無料で作成してくれます。複数の業者の見積もりを取得すると作業内容や費用の比較をすることができます。

シャッター修理を業者に依頼する流れ

電話にて状況と依頼内容を相談する

業者にて電話にて問い合わせを行います。多くの場合24時間365日受付スタッフが対応してくれるため安心です。状況や依頼内容を伝えて、業者内での修理スタッフの手配が行われます。

スタッフが現地調査と見積もり作成

専門スタッフによって現地調査が行われます。シャッター修理専門スタッフが故障状況を確認し、どのように対応していくかを説明してくれます。説明後には、状況と依頼者の希望を合わせたプランニングが行われ見積書が作成されます。

見積もりは複数の業者から入手

見積もりは複数の業者に依頼し比較・検討をします。複数の業者からの見積もりを入手することによって、作業内容の確認であったり費用の確認をすることができます。多くの業者の場合、現地調査や見積もり作成は無料です。何社か比較のために見積もりを取得することが重要です。

修理完了と保証期間

依頼する業者が決まったら日程を決めてから修理を行い、修理費用を支払います。業者ごとにアフターフォローや保証の有無が設定されています。万が一修理した箇所が再度故障した場合にも安心なので、修理業者を選ぶときにもアフターフォローや保証の有無はポイントとなります。

広告募集中