シャッターの電動化をする前に確認しておきたいこと
ロゴ

シャッター電動化の流れ~取り付け前に状態を確認しておく~

シャッターのチェック

元のシャッターが動きが悪かったり、異音がするときには電動化しても不具合が生じることもあります。シャッター内部の構造によっては電動化できないものもあります。確認をせずにつけてしまわないように、事前調査に入る業者に確認をしてもらいます。

シャッターと雨戸の違い

ケースにしまっておくことができるシャッター

使用しないときには上部のケースに収納しておくことができるシャッターは収納するとすっきりした見た目になります。下げたまま風を通したり、採光できるタイプや電動を設置すると窓を開けずに収納ケースから下げることもできます。

引き違いタイプで価格が安い雨戸

引き違いタイプなので価格が安いですが、開閉するときに窓を開けるため寒い季節には寒い空気が入り込んでしまいます。雨や風、断熱効果などの自然環境への対策を行ったり、防犯や防音、プライバシーなどの対策も行えます。

シャッターの電動化をする前に確認しておきたいこと

シャッター

当日の施工の流れ

シャッター電動化の工事は1日で完了します。当日は自宅の手動のシャッターに電動ユニットを取り付けます。配線作業と電気工事を行ってから、電動ユニットをつけて取付完了です。取り付け後にはリモコンで開け閉め確認を行います。打ち合わせの段階で説明がありますが、シャッター電動化にはもともとついている窓に防火設備がある場合には取り付けができません。

高齢の方にこそおすすめ

シャッターには手動と電動タイプの2種類あります。特に電動タイプの場合には、リモコン1つでシャッターの開閉をすることができるため、上げ下げの動作が大変な高齢の方でも簡単に利用することができます。また寒い季節には手動シャッターの場合には窓を開けてから、シャッターの開け閉めをすることになり冷たい空気が室内に入ってきてしまいます。開閉に時間をかけているとますます部屋が寒くなってしまうため、窓を閉めたままシャッターを開閉できる電動タイプはおすすめです。

シャッターを電動化する工事の流れ

専門業者に付けられるかを確認してもらう

手動シャッターから電動化するためには、専用業者にて相談と問い合わせを行います。窓のサイズを確認してから概算見積もりが作成されます。後日専門業者による工事内容の打ち合わせが行われますが、その際に電源化工事が可能かどうかの確認も行います。最終見積もりが作成されから契約となります。

自宅のシャッターを電動化

自宅にすでについているシャッターを電動化していきます。作業時間は目安は2時間ほどです。はじめにシャッターの上に電動ユニットを取り付け、配線工事を行っていきます。

ユニットと電源を繋いで完了

電気工事を行い電気の通り道を作り、電源ユニットとつないでいき取り付け完了です。最後にリモコンで開閉できるかをチェックしたら作業は終了です。業者によっては作業後に清掃がサービスされる場合もあります。

広告募集中